物件購入までの流れ 

土地や建物を購入の際に何から始めたらよいのかとお困りの方へ、購入手続き物件引渡しが済むまでの流れをご紹介いたします。ご希望に合った物件探しをするための目安とお考えください。

希望条件の決定

住みたい地域・広さ・予算などの条件を決めておきます。条件はたくさんあると思いますが、どうしても外せない条件から優先順位を決めて、条件をお考えください。 

お問い合わせ 

ある程度条件を決められたら、当社へこちらからまたはお電話にてお問合せください。 お探しの物件の種類(土地・戸建・マンション)・住みたい地域・広さ・予算等、優先条件の他に、現在お住まいの地区及び居住年数、出身地もお伝えいただくと、より物件の候補を絞り込むことができます。サイト上の売買物件検索機能もご活用ください。物件情報は日に日に変化致します。お問合せいただくまでに時間が経過した場合は、物件をご紹介できなくなっている場合もございますのでご了承ください。

物件を見に 

ご見学する日程やご希望の物件が決まりましたら、当社へあらかじめご連絡いただくと、当日お待たせすることが少なくなります。

 

現地見学や物件情報で、気になる物件があったら積極的に現地に行ってご自身の目で見てみましょう。図面だけでは、分からないことがきっと見つかると思います。

購入申込み 

購入希望の物件が決まったら、「購入申込書」を書いて頂きます。売買金額、支払方法、契約日、契約場所、条件などを書きます。 そして、売主、買主双方が納得のいく条件で話をまとめます。

事前審査 

ローンが必要な場合、金融機関に事前審査の仮申し込みをし、仮内定が出たら、本申し込みをします。

契約 

売主・買主が売買条件で合意となれば売買契約を締結します。通常、売主・買主ともに、売買の重要事項と契約の説明を受け、売主は買主より契約手付金(売買代金におよそ10%程度)を受領し、署名・捺印して契約は成立します。

決済及び引渡し 

売主は、権利証・実印・印鑑証明書・等が必要となります。買主は、残金と諸費用(仲介手数料・登記費用・銀行ローン保証料等)が必要です。売主は、買主より残金を受領して、物件を引渡し取引は終了となります。